お祝いを頂いたら

お祝いを頂いたら

■お祝いをいただいた場合

 

おかえし

地域や家庭によっても違いはありますが、七五三をはじめ子供の成長を祝って品物やお金をいただいた場合には、一般的にお返しは不要とされています。

 

近所へのあいさつは子供の年の数だけ入った千歳飴や赤飯を持って訪問します。また、祖父母にはお参りに同席してもらったり、食事会に招待するなどして感謝の気持ちを伝える家庭も多いようです。

 

しかしながら、遠方の方等は食事に招待するということが難しくなります。

 

そういった場合には11月中にお礼の品を贈ると良いでしょう。頂いた金額や付き合いの程度にもよりますが、3000円位の高級和菓子やカタログギフトを贈ったりしてもいいと思います。

 

七五三は内輪のお祝いなので「内祝」として、子供の名前と年齢を書きます。
親しい人には子供の写真を添えたりしても大変喜ばれますね。