七五三クイズ

あなたはいくつ解けますか?

七五三

どうして七五三というものが出来たの??

昔は「7歳までは神の子」と考えられていた。その理由は、幼い時に死亡する確率が高かったため、7歳になるまでは「あの世とこの世をつなぐ存在」とされ、7歳になると初めて社会の一員と認められたため。

七歳、五歳、三歳で祝うことは違うの?

七五三は男の子は3歳、5歳、女の子は5歳、7歳になった11月15日に氏神や神社にお参りして健やかな成長と健康を祈る行事です。
しかし、現在は男の子が5歳、女の子は3歳と7歳で祝うのが一般的と言われています。
また、これは昔のなごりで、

青ピン3歳・・・髪を伸ばす「髪置(かみおき)」
青ピン5歳・・・初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」
青ピン7歳・・・それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」

 

をそれぞれ祝ったことから来ていると言われています。

 






 

どうして11月15日が七五三なの?

かつて、旧暦で11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、15日は占いの二十八宿で鬼宿日という(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であるとされてていました。そのため、11月の満月とされる、吉日15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、ご加護を祈るようになったと言われています。

 

どうして千歳飴を配るの?

千歳飴は、親が、わが子に長く生きてほしいという長寿を祈る気持ちが込められています。そのため千歳、つまり「千歳」まで生きてほしいという願いから、この名が付けられたようです。
袋には縁起を担いで、縁起のいい鶴亀や紅白の色が付けられていています。

 

七五三というと、どの季節を表している??

冬。 七五三は、よく冬の季語として俳句などに利用されています。