子どもの成長を祝おう

子どもの成長は喜びがいっぱい

子どもが産まれると成長を祝い、無事を願う行事が目白押しです。七五三以外の代表的なものをご紹介しましょう。

 

【帯祝い】
妊娠中、赤ちゃんが無事に生まれることを祈って「帯祝い」という儀式が行われます。これは犬が多産でお産が軽いことにちなみ、妊娠5カ月の戌の日に「岩田帯」という腹帯をお腹に巻いて安産を願う行事です。

 

岩田帯はデパートや安産祈願の神社などで購入でき、最近は着用が簡単なガードルタイプのものや伸縮性のあるものも発売されています。

 

お宮参り

 

 

【お七夜】
お七夜は平安時代から続く儀式で、赤ちゃんが生まれて7日目の夜にこれからの健やかな成長を祈って行われます。

 

この際、赤ちゃんに付けた名前を披露し、奉書紙に書いた命名書を神棚や床の間に飾ります。また、家族で赤飯やおかしらつきの鯛などの御祝膳をいただきます。

 





【お宮参り】
自分が住む土地の守り神である氏神様に赤ちゃんの誕生を報告し、新しい氏子として神様の祝福を受ける儀式です。

 

お宮参りの時期は女児が生後33日、男児は32日目に行なうのが一般的ですが、地方によっては7日目から100日目とさまざま。

 

男児は羽二重の紋付でおめでたい絵柄の熨斗目模様(のしめもよう)、女児はちりめんの花柄や友禅模様の祝い着を着せるのが本格的です。

 

【お食い初め】
子どもが一生食べ物に困ることがないようにとの願いを込めて、赤ちゃんにはじめてご飯を食べさせる儀式です。
生後100日か120日目に行われ、祖父母など年長者の親族が「養い親」となって作法通りに儀式を進めます。

 

伝統的なお食い初めでは、祝い膳に鯛などのおかしらつきの魚や赤飯、汁物など一汁三菜の「祝い膳」を用意します。
また、歯が丈夫になるようにと「歯固め石」や、関西地方ではタコなどを備える風習も各地で根付いています。

 

【十三参り】
数え年で13歳になる子どもたちが虚空蔵菩薩に知恵と健康を授けていただくお参りで、主に関西地方を中心に行われています。

 

この年は最初の厄年にあたるという考えから、厄除けとしての意味もあるとされています。