七五三とは

そもそもヒチゴサンとはなんでしょう

子供は7歳まで神様のもの!?

七五三とは、3歳、5歳、7歳になった子供が11月15日に氏神や神社にお参りし、健やかな成長と健康を祈る行事です。

 

乳幼児の死亡率が高かった昔、7歳までの子供は「あの世とこの世の境に位置する存在=“神の子”」と考えられ、7歳になって初めて社会の一員として認められました。そのため、子どもが無事に成長したことを祝う儀式として、成長の節目である3歳、5歳、7歳に神社や寺などへ詣でる七五三参りが各地に根付いていきました。

 

かつて七五三は男子が数え年の3歳と5歳、女子は3歳と7歳で行なわれていましたが、現在では満年齢で男子が5歳、女子が3歳と7歳でお祝いすることが一般的になっています。

 

また、近年は年齢にこだわらず、兄弟どちらかの年齢に合わせてお参りに行くという人も増えてきています。

 





七五三は家族でお祝いを

近年、七五三は神社へのお参りに加え、写真館での記念写真の撮影や家族、親族を交えた食事会なども同時に行われることが多くなっています。本人はもちろん家族、兄弟も正装をしてお参りすることが多いため、衣装の準備や着付け・記念写真・食事する会場の予約など、当日に向けて計画的に準備することが大切です。

 

 

一般的にはお参りの3か月前を目安に、どこでお参りするか、衣装は洋装にするか和装にするか、着付けやヘアメイクはプロに頼むか、記念写真はどこで撮り、前撮りにするか当日撮るのか、食事会は開催するかなど、家族同士でよく話し合って決め、準備を進めていきます。

 

 

昔は七五三にはお宮参りの祝い着を仕立て直して子供に着せるのが一般的でしたが、近年は親子とも、和装を気軽にレンタルできる貸衣装店を利用するケースが多くなっています。

 

また、写真館でも記念写真の撮影と着付けやヘアメイク、衣装のレンタルがセットになったプランを用意しているので、こうしたプランを利用する家庭も増えてきています。

 

 

七五三が3歳・5歳・7歳のわけ

七五三は元々、宮廷や武家で行なわれていた3歳、5歳、7歳の祝いの儀式が明治時代に統合された行事。3歳、5歳、7歳という数は中国の「陰陽五行説」で奇数がおめでたい数字とされていたことに由来し、また体調が変わりやすい年齢でもあることから、子供に成長を自覚させ、親も成長の節目として儀式を行なうようになったとされています。

 

ここではそれぞれの儀式について説明します。

 

 

伝統的な七五三の儀式

【髪置(かみおき)の儀】

昔は男女とも、生まれて7日目から3歳までは髪を剃るのが通例でした。3歳の春ごろから伸ばしはじめた髪を11月吉日に生後はじめて結う儀式が「髪置の儀」で、「櫛置(くしおき)」とも言われます。

 

また、この日には子供に糸で作った白髪のかつらや、白髪綿と呼ばれる綿帽子をかぶせ、白髪頭になるまで長生きするように祈ったと伝えられています。

 

【袴着(はかまぎ)の儀】

平安時代、男女とも5歳になった子供に初めて袴をつける儀式を「袴着」といいます。江戸時代以降は男子のみの風習になり、子供に冠を付けて碁盤の上に立たせ、儀礼上の親(長寿や子宝に恵まれた夫婦)が袴と裃(かみしも)をつけるという儀式が行われました。

 

これは勝負の場を象徴する碁盤を城取りになぞらえ、どんな場面でも勝つようにと四方に向かって神に祈ったとされています。

 

【帯解(おびとき)の儀】

女児が7歳になったことを記念し、それまで着ていた着物から「つけ紐」を取る儀式。

 

この日から初めて本式の帯を締め、着物も振袖に切り替えます。帯を締めることによって“魂が外に飛び出さない”という意味も込められていたそうです。

 

帯解は「紐落とし」「帯結び」「帯直し」とも呼ばれ、室町時代の記録によると9歳になると男児も行なっていたという記述が残されています。

縁起物のお菓子「千歳飴(ちとせあめ)」

七五三参りをするといただける「千歳飴(ちとあせあめ)」。千歳までの長寿を願うという意味で名づけられた縁起物で、鶴・亀や松竹梅の絵柄の化粧袋に入れられており、子供の年の数だけ飴を入れてよいとされています。

 

千歳飴の歴史は徳川二代将軍・秀忠の頃、浅草の飴売りが「千年飴」「寿命糖」と名付けて売り歩いていたのがはじまりと伝えられています。


千歳飴の製法

 

関東では、水あめと砂糖を材料として作られます。水あめと砂糖を鍋で煮詰め、平たく伸ばして冷ました後、飴のかたまりを引き延ばしながら何層にも折り重ねて均等に空気を混ぜ込んでいきます。こうすることで千歳飴独特の白い色や食感が生まれます。

 

全体に空気が混ざったら、まだ熱い飴のかたまりを手や機械で細長く伸ばし、平らな台の上で転がして成型した後、包丁でたたくように切りそろえます。
完成した千歳飴は神社でお祓いを受け、縁起物として子どもたちに渡されます。

 

博多の伝統行事「ぽっぽ膳」

 

福岡県の博多市を中心とする地域では、七五三の際、3歳の子供は「ぽっぽ膳」という行事を行います。これはそれまで親の食事を分けてもらっていた幼児が、はじめて自分の膳で箸を使って食事をしはじめるお祝いです。

 

博多の名産品でもある白木の曲物で作られたぽっぽ膳には、おめでたい松竹梅と鶴亀の絵柄が描かれています。中でも鶴の絵は「幸福が外に逃げていかないように」という思いを込めて、あえて逆さに描かれています。“ぽっぽ”とはこの鶴のことで、鳥をぽっぽと呼ぶ幼児語からこの名がついたとされています。

 

ぽっぽ膳に置かれる食事は小豆ご飯や大根とにんじんのなます、おかしらつきの魚など縁起の良い献立ばかり。子どもたちはぽっぽ膳を食べながら、食べ方のマナーや箸の使い方、魚の上手な食べ方などを親から教わったと言われています。

 

ぽっぽ膳は七五三参りと合わせて11月15日ごろに行われることが多く、子供の成長を祝う儀式として伝えられています。