服装について知っておきたい事

 

伝統的な七五三の衣裳

七五三参りの衣装は洋装でも和装でもOKここでは和装の正式な装いについて紹介します。

 

【3歳児】

女児/晴れ着に兵児帯(へこおび)を結び、袖なしで襟付きの「被布」をはおります。お宮参りの時に着た掛け着を仕立て直して身に付ける場合も多いです。足元は鼻緒が太めで柔らかい草履を選び、ソックスタイプの足袋を履かせると小さな子どもさんでも楽に足を動かせます。

 

男児/羽二重熨斗目(はぶたえのしめ)模様の紋付二枚重ねに兵児帯と、袖のない羽織を合わせ、草履を履かせます。

【5歳児】

 

男児/5歳の七五三は男児が初めて袴をつける「袴着の儀」という儀式に由来していることから、紋付の羽織袴を身に付けます。中には羽二重の五つ紋付、また、色紋付の長着とお揃いの羽織を合わせます。袴は黒・紺・茶の無地か縞柄を選び、畳表の草履や雪駄を履かせます。白い扇子、守り刀を身に付けます。

 

【7歳児】

 

女児/7歳の晴れ着は振り袖姿が一般的。肩上げをした友禅模様の振袖に、きちんと丸帯を結んで畳表のぽっくりや布製の草履を履きます。

 

親、祖父母の装い

七五三に同伴する親の服装も、フォーマルな装いが一般的。

 

母親は留袖を着て臨むのが正式ですが、近年は主役である子供を引き立てるよう、和装なら訪問着や付け下げ、色無地、洋装ならスーツやワンピースなどがおすすめ。

 

父親も和装なら紬地のアンサンブル、洋装ならダークスーツなどを選びましょう。

 

また、祖父母も一緒にお参りする場合は、両親の服装に合わせて祖父はスーツ、祖母はセミフォーマルや着物などで合わせるとしっくりきます。

 

いずれにしても主役の子供以上に派手で目立ってしまうことがないよう、落ち着いたコーディネートを心がけることが大切です。

 




お金はどれくらいかかる?

 


■神社に奉納するお金

 

七五三参りをする場合、神社へは謝礼としてご祈祷料(初穂料、玉串料)を奉納します。
金額は3000円〜1万円ぐらいが一般的だとされていますが、神社によっては規定料金を設定している場合がありますので、あらかじめ確認しておくと安心です。

 

また、兄弟そろってお参りをするとき子どもの名前を連名で記入して、まとめて一つに包んでも構いません。

 

 

 

 

 

お参りあれこれ

 

■正しいお参りのお作法/境内編

 

まず服装の乱れを整え、軽く会釈をして鳥居をくぐります。
その後、境内の手水舎(ちょうずや)で身を清めます。

 

【手水舎でのお作法】

1.手水舎ではまず右手にひしゃくをもち、左手を洗います
2.その後、左手にひしゃくを持ち替えて右手を清めます
3.再び右手にひしゃくを持って左の手のひらで水を受けて口をすすぎます
4.左の手のひらを清めます
5.ひしゃくを縦にして柄の部分を洗い流し、伏せて元の位置に戻します
身を清めた後、参道を進んで神前に進みます。参道の中央は神様の通り道なので端を歩くようにしましょう。
神前に進んだら、姿勢を正し、お賽銭を入れます。その後鈴を鳴らし、「二礼二拍手一礼」の作法で拝礼を行い、神様に子供の成長をご報告し、今後の無病息災をお祈りします。

【拝礼のお作法】
1.90度まで深く礼をして、2回拝みます
2.胸の前で2回拍手をします
3.もう一度90度の礼で1回拝みます



 

■正しいお参りのお作法/本殿編

 

本殿で神主さんからご祈祷やお祓いを受けるときは、必ず事前に申し込みをします。電話などで事前に予約する場合と、当日直接申し込める場合があります。あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

 

当日までに、ご祈祷料(初穂料、玉串料)を用意しておきます。紅白の蝶結びののし袋や白封筒を用意し、「御初穂料」「御玉串料」「御礼」などと表書きし、下段に子供の名前や年齢を書き添えます。
金額は神社によって料金を規定しているところもあるので、事前に問い合わせておくと安心
です。

 

お参り当日は社務所で受付を済ませ、拝殿(本殿)に上がります。子どもが最前列、親はその後ろに座り、姿勢を正して祝詞(のりと)の奏上をいただきます。
その後、神主さんや巫女さんから玉串を受け取り、神に捧げます。

 

二礼二拍手一礼の作法で拝礼を行ない、元の位置に戻ります。

 

こうした一連の作法は神主さんや巫女さんが教えてくれるので安心です。親は子どもが飽きて大声を出したり、動き回ったりしないよう気を配りましょう。

 

 

 

着物って買うのとレンタルどっちがいいの?
お友達に借りても、クリーニングが高くついちゃうし、
買うと保管するのが大変だし、高いし・・・・。着物レンタルなんかもいいですね。