七五三に良い日取り

七五三の日取り

 

七五三が11月15日のわけ

七五三は一般的に11月15日にお参りをするものとされています。当初は各家で縁起の良い日を選んで「髪置の儀」「袴着の儀」「帯解の儀」が行われていましたが、江戸時代末期になると11月15日に日を定めて祝うようになりました。

 

11月15日になった由来には、

・五代将軍、徳川綱吉の子供の徳松が、無事に5歳を迎えたことを祝ったのが11月15日だったから
・秋の収穫を終えてから氏神様を山へ送る「霜月際」の日だから
・陰陽道の「鬼宿日」、つまり鬼が家の中にいて出歩かない日で、何かを始めるには吉日だとされていたから

 

などの説がありますが、どれも定かではありません。

 

 

現在では11月15日に限らず、子供の体調や家族の休日の都合、天気などを考慮して七五三参りの日を決めるのが一般的です。
また、地方によっては旧暦の11月15日は現在の10月半ばにあたるため、ひと月早目にお参りをするところもあるようです。

 

当日のスケジュール

着付けやヘアメイク、お参り、写真撮影と七五三当日はかなりハードスケジュール。当日の流れはだいたい以下のようになります。

 

1.着付け・ヘアメイク

まずは子供の着付けやヘアメイクをします。和装の場合は特に小物も多く、子供も長時間じっとしていると飽きてしまいますので、あらかじめ美容室などを予約してプロに頼む方も多いようです。

 

2.神社へ参拝する

氏神や近所の神社などの本殿で七五三の祈祷を受けます。
事前に予約をするか、当日受付にて申し込み、お祓いをして祝詞をあげてもらいます。

 

3.記念写真を撮る

子供の晴れ姿はもちろん、両親、祖父母との家族写真などを写真館で撮影してもらいます。11月15日周辺は予約も込み合うので、前撮りなどを利用するのも選択肢のひとつ。
写真館によってはシーズン外の前撮りを割引料金で行なっているところもあるので、事前によく情報収集して決めるとよいでしょう。

 

4.食事会

父方、母方の祖父母や親しい親族などを招き、レストランやホテルなどでお祝いの会食をします。オードブルなどを注文して自宅で楽しむ人も多いようです。

 


 




七五三は家族でお祝いを

近年、七五三は神社へのお参りに加え、写真館での記念写真の撮影や家族、親族を交えた食事会なども同時に行われることが多くなっています。

 

本人はもちろん家族、兄弟も正装をしてお参りすることが多いため、衣装の準備や着付け・記念写真・食事する会場の予約など、当日に向けて計画的に準備することが大切です。

 

 

一般的にはお参りの3か月前を目安に、どこでお参りするか、衣装は洋装にするか和装にするか、着付けやヘアメイクはプロに頼むか、記念写真はどこで撮り、前撮りにするか当日撮るのか、食事会は開催するかなど、家族同士でよく話し合って決め、準備を進めていきます。

 

 

昔は七五三にはお宮参りの祝い着を仕立て直して子供に着せるのが一般的でしたが、近年は親子とも、和装を気軽にレンタルできる貸衣装店を利用するケースが多くなっています。

 

また、写真館でも記念写真の撮影と着付けやヘアメイク、衣装のレンタルがセットになったプランを用意しているので、こうしたプランを利用する家庭も増えてきています。