七五三の由来について

七五三とは?由来から知ってみよう

 

風が涼しくなって過ごし易くなってくると、

 

可愛く正装した子供たちが、

 

お父さんやお母さんと一緒に神社の前で

 

写真を撮っていたりする光景を見かけます。

 

あ〜、そういえばこんな時期もあったな〜って思わず、

 

ほのぼのと見てしまいます。

 

子供の記念写真を撮ろうと、

 

10月中旬から、11月半ばころまで

 

写真屋さんは大忙し。

 


 



七五三 一生の思い出に残そう

普段は決して着れないような御姫様ドレスを着て

 

カメラに向かって色々ポーズをとる女の子や、

 

じっと出来ずに走り回っている男の子

 

小さいお子さんだと、お母さんと離れるだけで泣き出したりして、

 

一瞬の笑顔をとるのに、写真屋さんは、

 

あの手この手で大奮闘。

 

1秒間に何回シャッター音が鳴ったの??ってくらい

 

カシャカシャカシャッとシャッター音が鳴り続けます。

 

最近は前撮りなどで、お参りと写真撮影が同じ日じゃないけど、

 

それでも終わるころにはもうぐったり・・・。

 

お母さんにとっては(少なくとも私にとっては)

 

スーパーハードな一日、それが七五三の思い出です。